ちょっと待った!その名刺交換、マナー違反です

ビジネスのお付き合いは、まずは名刺交換から始まります。マナーに則ってスマートに行えれば、相手に良い印象を持ってもらえるはず。ところがその割には、知らず知らずのうちにマナー違反を犯している人も少なくありません。そんなマナー違反のいくつかを紹介してみたいと思います。

名刺入れを必ず持ちましょう!

名刺交換は、大切な挨拶の一部です。自分という人間を理解してもらう最初の一歩でありながら、なんとズボンの後ろポケットから、ヒョイッと出してくる人がいたりします。これって、ありでしょうか? たとえ角折れやシワがなかったとしても、さすがにこれはNGですよね。やはりビジネスパーソンであるからには、ちゃんと名刺入れを用意して、常時10枚程度は入れておき、必要な時にはそこから出して渡したいものです。もちろん、財布や手帳から出すのもやめましょう。相手側からいただいた名刺をテーブルの上に置くような場合、名刺入れの上に置くのがマナーだからです。なお、マナーというほどではありませんが、名刺交換の際には笑顔をそえて出すことも大切です。ちょっとしたことで、相手に与える印象がグッとUPするものです。

座っての挨拶は失礼でしょう?

ビジネスパーソンたるもの、相手への最初の挨拶を座ったままで行って、はたしてよいものでしょうか? 名刺交換も同様です。テーブルを挟んでの会話となるような場合であれば、相手が入って来た時点ですぐに立ち上がるだけでなく、できれば相手のそばまで行って、まずは挨拶と名刺交換を済ませておくのが賢明です。また、名刺を受け取るに際しては、相手の会社のロゴや社名、あるいは写真や名前といった重要な情報部分に指を載せないよう、くれぐれも注意してください。ちなみに、指ということで言えば、名刺交換の時には親指に結構目が行きますので、指先というか、爪の状態などにもきちんと気を配っておきましょう。汚れの詰まった汚い爪は論外ですが、ネイルの剥がれが見られる爪というのも、あまり印象の良いものではありません。

名刺は人格そのものです!

たかが名刺を渡すだけのこと。あまり細かいことを言われるのは好きじゃない。そんな考え方の人もいるかとは思いますが、ただその一方で、名刺というものはその人の分身、あるいは人格そのもの、と捉えている方もたくさんいます。片手でヒョイッと名刺を差し出されると、何かしらの違和感を覚えたり、あるいは自分の渡した名刺がぞんざい取り扱われたりすると、なにか自分までが軽く扱われたようでムッとした気分に陥る人が、事実としてたくさんいるのです。いずれにしても名刺交換というものは、相手側と良好な関係を築くための機会なのですから、いたずらに相手の気分を害しては意味がありません。名刺交換に際してはマナーを守り、より良い第一印象を持ってもらえるよう心がけましょう。

高品質な名刺印刷は「プレス・トークダイレクト」 価格は全て税込み表記なので消費税を気にしなくても良い。 CDジャケット印刷、DVDジャケット印刷、紙ジャケット印刷。 簡易デジタル校正(送料込みで820円?)。 全商品、価格は全て税込み表記なので消費税を気にせずにお買い物をすることが出来る。 WEBでは謳ってないが、長期のデータ保存サービスを行っている。 CDジャケット印刷などのジャケット系に強い。