作った名刺をプリントするための方法と選び方

名刺を自分で作ったときにはプリントの方法を悩むことになるかもしれません。自前で印刷する以外にも用途と目的に応じて利用しやすいサービスがあるので特徴を掴んで取捨選択をできるようにしておくと役に立ちます。

自前でプリントするときの方法

自分で作った名刺は自前でプリントしたいと考えるのはもっともかもしれません。そのときにも代表的な方法が2つあります。プリンターごとに対応している名刺専用の用紙を購入してくれば一般的な家庭用プリンターで名刺を印刷することが可能です。名刺作成に使用したソフトウェアに対応している用紙を用意しなければならないことも多いので注意が必要になります。また、名刺印刷に対応したプリンターもあるので、名刺用の用紙を手に入れれば簡単にプリントができます。この場合には文書作成ソフトなどで名刺サイズで作成したファイルからでもプリントできるので専用ソフトウェアの準備は必要ありません。必要なときに必要な枚数だけ印刷できるのはメリットでしょう。

印刷業者に依頼するメリット

印刷業者に依頼すればデータを入稿するだけで簡単に名刺をプリントすることができます。自前でプリントするのに比べると労力がかからないのが特徴であり、特に枚数が多いときには大幅に負担を減らせるでしょう。枚数が増えるほど単価も下がることから自前で印刷するよりも安くなることが多くなります。以前はデータの互換性が問題になりがちでしたが、PDFファイルのように信頼性の高いファイル形式が登場したことで想定している通りの名刺をプリントしてもらえるのが通常になりました。しかし、業者とのやり取りを行う過程で時間がかかる点には留意しておかなければなりません。たった今プリントして欲しいと思っても手に入らないことが多いのです。

店頭で印刷できるマルチプリンターの活用

家庭用プリンターもなく、印刷業者に依頼するほどの枚数も必要がなかったり、時間をかけたいられなかったりするときにも有用な名刺のプリントの方法があります。コンビニや家電量販店などに設置されているマルチプリンターを利用することで一枚から名刺を印刷できるようになっているのです。データをUSBメモリーやSDカードなどに入れて持っていくだけでプリントすることができます。単価は高めになりますが品質の高い名刺をいつでもすぐにその場で手に入れることが可能です。早急に出先で名刺が必要になったというときにも手元にデータさえあればすぐに手に入れられるのはメリットでしょう。普段使いにも緊急事態の利用にも優れているので覚えておくと良いプリント方法です。