印象に残る名刺の作り方

最近では働き方が多様になってきたため、会社に雇用されるのではなくフリーランスのような働き方もあります。個人で活動する場合、自ら仕事を取っていかなければなりませんが、そんな時に便利なのが名刺です。ではどのような名刺を作れば仕事に繋がるのでしょうか。3つのポイントを紹介します。

とにかく目立つ工夫を

仕事をしていると名刺のやり取りが頻繁に行われます。しかし名刺をもらったからといって、その人が印象に残るわけでありません。名刺を営業ツールとして活用するためには目立つ名刺が必要です。最も手っ取り早く目立つ名刺を作るのであれば、名刺の形式を変えることがオススメです。一般的な名刺は大きさや形が決まっていますが、それとは異なるものを作ればよいのです。例えば見開きになっている名刺は相手に強烈な印象を与えることが出来ます。見開きにすれば情報も多く記載することが出来るので営業ツールとして役に立ちます。形式を変えることが困難である場合には色彩表現の工夫がオススメです。鮮やかな濃い色を使うことで印象が大きく変わります。色の工夫は大手企業でもよく使われる手法です。

写真を入れる

名刺は仕事における看板のような役割を果たす重要なものです。しかしその名刺に自分の顔写真を入れる人は非常に少ないです。顔写真を入れるだけでも名刺の印象がグッと良くなるので是非入れてみましょう。顔写真が入っている名刺は非常に数が少ないので、それだけでも十分な効果が期待できます。差別化が行える部分はどんどん差別化を行っていくべきです。中には名刺に顔写真を入れるのが恥ずかしいという人もいるのですが、名刺を交換する時点で相手は自分の顔を知っています。顔を隠したところで大してメリットはありません。また後から名刺を見直した際、顔写真が入っているとイメージがしやすく忘れにくくなるので仕事の受注にも繋がるかもしれません。

問い合わせをしやすいように工夫する

名刺を受け取った人に問い合わせを促すような配慮も大切です。誰でもそうですが、初めて問い合わせをする時には不安や緊張を感じるものです。例えば、今連絡しても大丈夫だろうか、本当に信頼できるのであろうか、などです。そのような不安を出来る限り払拭できるように工夫してみましょう。工夫と言っても、ほんの少しだけコメントを入れるだけで構いません。いつでも連絡をお待ちしております、程度でも大丈夫です。たったこれだけのことでも相手としては安心できるものです。また余裕があればQRコードを挿入しても良いでしょう。QRコードを読み取れば問い合わせ画面にアクセスできる状態にしておくと気軽に問い合わせが行えます。小さなことですが意外と効果があるのでオススメです。