表側だけではなく裏側も重要な名刺

名刺を作るときには表側を重視してしまう傾向があります。しかし、相手に対して効果的なアピールをするためには裏側にも十分に配慮するのが賢い方法です。裏側も適切にデザインした名刺を作成して印象を上げるようにしましょう。

裏側の一般的な使い方

名刺は片面印刷で使用する人も多いですが、裏側にも何か記載をしている人もしばしばいます。両面印刷で名刺を準備している人に多いのは英語表記であり、国際的な企業に勤めていて英語の名刺が必要というときには一枚で済ませられるというメリットがあるでしょう。しかし、英語表記が必要な人に対しては日本語表記は不要であり、その逆も明らかです。理想的には日本語版と英語版の名刺を作って相手に合わせて渡した方が良いでしょう。そうすることで裏側を有効活用できるようになります。裏側を使用しないという場合であっても、片面印刷で名刺を作成した方が単価が安くなるというメリットがあるので別々に作るのは優れている発想と言えるでしょう。

白紙よりも優れたデザイン方法

特に裏側に記載する内容がないというときには、名刺の裏側を白紙にしてしまいがちです。いくら考えても裏側を使ってまでアピールする点がないという場合もあるでしょう。そのようなときでも白紙のままにしておくよりは優れているデザインの方法があります。名刺の裏側は受け取った人にとって有用なメモ欄として活用できる部分です。大切なものだから書き込んではならないと考えて何も手を付けない人もいます。しかし、渡す立場から考えればむしろ自分についての情報を記載しておいてくれるのなら嬉しいと考えられるでしょう。メモ欄をデザインして印刷しておくだけで記入しても良いと相手に感じてもらうことができ、自分のアピールをしたときに重要な点を書き留めておいてもらえるようになります。

自分を売るものだからこそ作るメモ欄

たかがメモ欄を作るだけのために、名刺に余計な費用をかけてしまうのはどうかと考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、名刺は自分を売るためのものであり、人材としての魅力を伝えるのに貢献してもらわなければ意味がないでしょう。人材としてのアピール点は刻々と変わっていくものです。自分の強みを名刺に印刷することもできますが、強みが変わったときには使えなくなってしまうでしょう。名刺交換をしたときにその都度、そのときの自分の能力について伝えてメモしてもらうようにすれば同じ名刺を使い続けることができるので費用対効果は高いと考えられます。書くことで覚えてもらいやすくもなるので、メモ欄を裏側に作るのは自分を売りに出すのに適した方法なのです。