電子化が進む名刺の現状

データ管理を電子化して行うのが通常になった影響を受けて名刺も電子化が進んでいます。それに伴って様々なサービスが展開されるようになっているので、名刺管理を適切に行えるようにするために近年の事情を理解しましょう。

名刺リーダーの活用

名刺の電子化を行って管理するためには名刺の情報をデータとして入力しなければなりません。そのために役立つツールとして広まっているのが名刺リーダーです。名刺を画像として読み込むのはスキャナーでもでき、それによって名刺管理を行うことも可能でしょう。しかし、名前や住所等は表などにして検索できるようにするのに越したことはありません。名刺リーダーを使うと名刺上に記載されている文字列を認識してデータに変換し、名前や住所等に分類してまとめることができます。画像データに比べると情報を整理して活用しやすい状態にできるのがメリットです。精度も徐々に向上してきていますが、誤認識を防ぐために一枚ずつチェックする必要はあります。

名刺入力代行業者の台頭

名刺の情報化を行うための方法として手入力は正確な方法ですが、人件費がかかることは否めません。大量に入力を行うとそれだけ精度も低下してしまうリスクがありますが、専門の業者にまかせると何度もチェック作業も行った上でデータを納品してもらえます。需要の高騰に合わせるようにして名刺入力代行業者が台頭するようになりました。必要な名刺を原本かPDFファイルなどで提供することにより、記載されている情報を網羅的にデータにしてもらうことが可能です。業者が多くなってきた影響を受けて単価も下がり、納期も短くなっているのでまとまった量の名刺を情報化したいというときには有用性が高まっています。確実性の高さでは比類ない方法と言えるでしょう。

クラウドサービスによる名刺の電子化

名刺の電子化の方法としてクラウドサービスを利用する方法も登場してきました。基本的には名刺作成代行業者を利用するのと類似していますが、必要時に必要なだけクラウドにデータをアップロードするだけで適宜データに変換してもらえるのが特徴です。その枚数に応じて請求される費用を支払えば良いという契約や、毎月当たりの定額で利用できる契約が代表的になっています。重要な顧客の情報ほど速やかにデータとして管理したくなるのは常でしょう。簡便さと迅速さの観点で優れているのがクラウドサービスのメリットであり、高度に情報化が進んでいる現代社会では有用な選択肢の一つになります。企業向けだけでなく個人向けのサービスもあるので名刺を扱う機会が多い人は利用を検討すると良いでしょう。